刀ミュ衣装についての感想と考察

服飾のプロ目線の刀ミュ衣装についてのあれこれ

【2021.01更新】自己紹介とこのブログについて

刀ミュ ミュージカル刀剣乱舞 二部衣装 感想考察ブログ 自己紹介



  

このブログの目的

 
服飾のプロ目線で語る刀ミュ衣装の考察・萌え語りブログです

 

刀ミュの衣装はプロから見てもプロじゃない人が見てもすごいぞ!と伝えること。

 

「衣装すごくない!?」
「色合わせ最高」
「素材のチョイス最高」
「シルエットが最高」

など、あらゆる角度からいかに素晴らしいか書いていきます。
 
最終的な野望(?)は、いろんな人が衣装に興味を持ってアンケートを書きまくり
衣装の写真集や設定資料集・インタビュー集などが出版されること。
(どうやって仕事のオーダーをされたか、早着替えの秘密、衣装のメンテナンス方法など、いろいろ知りたくないですか!?)



語り手のパッション溢れる記事と、それを掘り下げ編集した記事が混在しています。

後者には【編集後記事】と書いています。2019年7月、聞き手の掘り下げ具合が強くなりブログのスタイルを変更する事にしました。編集後記事の更新頻度は低めです。


主に二部衣装(デザイナー・農本美希)中心。一部衣装(衣裳プランナー・小原敏博)についても適宜触れる場合があります。

 

最新の編集後記事はこちら

 

イレギュラーですが、編集が書いた記事+対談記事はこちら

 

 

 

 

経歴や服についての自己紹介


ミント
文化女子大学(現文化学園大学)とバンタンデザイン研究所(夜間スクール)にて服飾全般の知識と技術について学ぶ。

文化女子大学はファッションに特化した大学。一般教養の他に服飾系の座学が多く、色彩学・服装史・造形心理学・マーチャンダイジング(商品計画)等々を興味深く学べた。デザイン・パターン・縫製の実技の授業も修了。

大学ではパターンメーキングのコマ数が少なく、工業パターン(量産用の型紙)や実践まではカバーしていなかったため、夜間専門学校とのダブルスクールを選択。


専門学校では現役のパタンナー講師の下、二年間パターンのみを徹底的に学ぶ。

二つの学校を卒業後、パタンナーとして企業に就職、数社を経てフリーランスに。アパレル業界で十数年の経験をもつ

 

現在は主にメンズの服飾に携わる。

在籍時の会社ではコンサート衣装作製を請け負っていたことがあるが、直接は関わっていない。仕事以外で服(含コスプレ衣装)を作る事はない。

職業柄、ライブやコンサート、テレビドラマ等でもつい衣装に目がいく。
自分の視点は特別でも何でもないと思っていたが、衣装について少し話したところ興味を持たれたため、独断と偏見と個人的な趣味と好みで感じたことを思いのままに語る。

 

私がずっと携わっていたのは、量産の普通の既製服。普通のファッションビルや百貨店に売っているような服です。

パタンナー経験後は、作製工程の中でパタンナーと組むような仕事をしていました。
アパレルメーカー既製服のメーカー全般マンションメーカーデザインからお店までやってる小さなアパレルメーカー、いわゆる外注屋レディースメンズキッズ、年齢もテイストも多種多様な仕事を請け負う会社などで働いていました。 

 

 学生時代は服飾学生がやるようなことは一通りやりました。

自分用に衣装のような服を作ったり、自主ファッションショーをしたり。大学の部活のファッションショーではヘアメイクを担当しました。

色彩心理学や造形心理学は好きでしたが卒業してからかなり経つのでだいぶ記憶が怪しいです。

自分のファッションについては同行者が恥ずかしくなければいいレベルで興味がないです。日常服は仕事に直結してしまうからあまり興味がないのかも。コストとか品質とか分かっちゃう(笑)舞台やコンサートの衣装は興味深いです。

 

初めての2.5は真剣乱舞祭2017です。

ひと目で刀ミュに落ちました。二部衣装の魅力にもハマったものの、情報が全然なくがくぜんとしました。

お衣装すごくない?すごいよ!みて!!

って大声で言いたい。

 

 



かんそうぶん

服飾業界以外の人間。
母親が洋裁・和裁をやっていたため大量の布地に囲まれて育つ。
職業柄、デザインやファッション・色彩についての知識は一般人よりも多いが、被服の制作(パターンなど)の知識・経験はそこまではない。

ファッションへのこだわりは人より少しある程度。
主に生地やディテールに着目した服の選び方をし、色面積のバランスでコーディネートを組むことが多い。

以前は舞台衣装への着眼点は主に好きか嫌いかしかなかった。が、ミントの影響で舞台衣装の生地や素材への関心が徐々に高まる
2021年のミュージカル刀剣乱舞壽乱舞音曲祭では、21振の衣装の違いを記憶しまとめるなど、ピンポイントでの集中力・データ収集能力が高い

 

人の話を掘り下げるのが好き。知らないことを知ることが好き。刀ミュの萌え語り中、衣装の話に食いつきブログ開設を勧めた。

推し事を通じてのオタク考察、舞台の感想、観劇のための基礎知識などについて幅広く語る「晴れた日のねどこ」のブログ主。

 

ミントの話がすごくおもしろかったので「絶対ニーズがある!ブログを書いて」と頼んだところ、すぐに書いてくれました。ありがとうございます!


すごくうれしい反面、原文のままだと専門的すぎてよくわからないところ、もっと掘り下げたいところがあったので、編集を買って出ました。 

 

ミントが語るミュージカル刀剣乱舞の衣装の素晴らしさや萌えを、いろんな人に伝えたいです。

データ厨の傾向が強いので、衣装の解説本やインタビュー本が公式から出ることを切望しています。この世にニーズがあると公式に知らしめるしかない、数の暴力で…!

 



 


舞台と刀剣乱舞についての自己紹介


ミント

「舞台を見る人というよりも、とうらぶの人」

今まで2.5次元で履修したのは刀ミュ、刀ステ、PSYCHO-PASS VVシリーズ」、映像で「どろろ」「あんステ(機会があればほかも観てみたい)

学生時代は小劇場、グランドミュージカル、歌舞伎などをたまに観劇。
刀ミュで舞台熱が再燃、観劇を再開。朗読劇、グランドミュージカルなどを観劇するようになる。
社会人になってから二次元のオタクになる。
ゲームの推しキャラは膝丸。
 
 

かんそうぶん
 
「舞台を観る人、推し俳優のオタク」
 
大体年間120本↑ペースで現場にいくオタク。
いろんな舞台を観るし、同じ舞台を何度も観る。
キャパ300前後の小劇場でやる濃密な会話劇が好き。登場人物が多い群像劇のミュージカルよりは、少人数で行われるジュークボックスミュージカルが好き。

個人的ベストオブ2.5次元舞台は「リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!(原作ファン・俳優ファン共に楽しめる演出、迫力のある試合シーン、原作からの大胆なストーリーの取捨選択、舞台だけで完結するわかりやすさ、全てが至高。なぜ円盤化しない??)
 
ミントと話す前から二部衣装には注目しており、初めて参加した真剣乱舞祭2016以降、二部衣装のブロマイドはすべてセット買いしていた。
 
 
 

 

ブログの運営方針

服飾のプロで二次元のオタクが語る刀ミュ衣装の萌え語りがメイン。
話を掘り下げる観劇オタクがたまに編集・リライトする共同作業形式で記事を書いていきます。

服を作るプロの目線、観客の目線、オタク目線の感想と考察です。

 

なお、当ブログでソースを記載していないものに関しては、一般人のオタク同士の憶測であり、事実と異なる場合があります。

想像や予想についてはその旨を必ず明記していますが、当ブログの情報の正確性、最新性などは一切保証をしかねます。掲載情報が誤っていたために損害や損失が発生した場合、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。


刀ミュ公式さん、正解を知るためにも写真集、衣装解説本、インタビュー集をぜひお願いします🙏

 

 

 

 

感想、励まし、質問などはこちらへ。

質問箱 https://peing.net/ja/pmintgreen?event=0

回答はTwitter https://twitter.com/peppermint_112で。回答不要の場合は明記ください。

 

 

■■■ 募集 ■■■----------------------

当ブログでは二部衣装解説のため、画像を提供してくださる方を募集しています。
・2.5dカフェ、本丸博などのイベントで撮影した画像をお持ちの方
・当ブログで使用してもいい方
Twitter https://twitter.com/peppermint_112のDMまでご連絡ください。

 

提供していただいた元画像の著作権は、提供者に帰属します。ただし、使用時に下記の加工を加えることがあります。
①提供者のTwitter IDを画像内に記載します。記載不要の方はその旨をお伝えください
②第三者の加工・無断転載防止のため、画像内に透かし処理を施します
③画像処理(人物の顔を隠す、背景をぼかすなど)を行い、見やすく調整をする場合があります。

①②③の加工をした画像は、当ブログ関係者が衣装解説、ブログのツイートをする際などに使用いたします。提供していただいた元画像をそれ以外の用途で無断使用することはありませんのでご安心ください。

 

当ブログは提供写真、Amazonなどのリンク、出典元を明記した引用を行い、著作権に触れないよう記事を作成しています。

 

 

 

【編集後記事】刀ミュ全公演に共通する、二部衣装についての感想


全公演の二部衣装について


2017年の初めてのらぶフェスで刀ミュにとっぷり沼に踏み入れた私は、さっそくdアニメストアで過去の公演を全部見ました。(dアニ便利ですねー)

 

全公演を一気見したせいで、公演を重ねる毎の改良や工夫、試行錯誤の跡を垣間見た気がします。

回を重ねて良くなっていく=良くしようと努力しているということです。

 



個人的な意見ですが、仕事に対して向上心とプライドがない人は好きにはなれません。二部衣装のデザイナー農本美希さんdアニメストアでの視聴時は)全然知らない人でしたが、かなり好きになりました。

 


装苑2018年9月号の特集「進化する衣装の世界」で農本さんのインタビューが載っています。(三万年ぶりに装苑買いました) 

装苑 2018年 9月号 (雑誌)

装苑 2018年 9月号 (雑誌)

 

 

「基本の大前提にあるのは、『役者がかっこよく見えること』」

「そして『衣装だけを見てもキャラクターを物語るものであること』」

「役者の動きによるステージ映えを意識する」

「『見せて最も美しい部分』をデザインに落とす」

 装苑2018年9月号より抜粋・引用

 


これらは刀ミュの衣装を観て、まさに私が感じたことでした。

装苑を読み、農本さんがこちらの想像を上回る熱量で「ミュージカル刀剣乱舞」の衣装作製に真摯に取り組んでいる様子がインタビューから伝わり、とても好感を持ちました。
なんならファンです。あと十歳若かったら働きたいです。


今後も公演ごとの衣装の感想を書きますが、上記引用部分をベースにして語ります同じことを何度も書くような気がしていますが見逃してください。

 

 

 

 

 


舞台から感じたデザイナーのこだわり

全公演を通し二部衣装に対して感じたのは、6振全体の統一感を大切にしつつ、各キャラクターの個性を出していること。

「三百年の子守唄(初演)」では軍服モチーフを使用、「つはものどもがゆめのあと」は和テイスト、「結びの響、始まりの音」ではお揃いのパーツとしてファーを使用するなどして統一感を持たせている。

その上で、それぞれ細部のデザインを変え、キャラクターの個性を出している。

 

 

 

そして何より萌えポイントを押さえている!!!

こっちを萌え殺す気かと本気で思いましたね。

 
 
 
デザインに上手く差し色を使っているところがデザイナーの農本さんの凄いところだと思います。柄生地と無地、織柄生地とラメ、合皮、ファーなど素材の選び方にもこだわりが見えます
ブレードなど装飾パーツの使い方もうまく、これにより『舞台映えのする派手さ』と『刀剣男士としての品』を両立させていると感じました。
 

「キャラクター衣装に入っている色のみで作るという原則」

装苑2018年9月号より引用

 この原則のなかで、使う色と分量が工夫されている。(例えば村正ってあんなに色数が多いのに、二部衣装ではほぼ黒と差し色のピンクで衣装を作っています。)

 
 
 
 
 
 
 

 初観劇の際、予備知識なく観劇して感じたことですが、キャラが衣装をバッと脱ぐ姿には驚きました。
予想の上を行く衣装の変化は、観客のボルテージを更に高める効果があります。
第三形態までの衣装変化もパフォーマンスとして計算され設計されていると感じました。

  

第三形態は観客のツボをついてくるデザインがけしからん!!もっとやってください!デザイナーさん最高!!
 


デザイナーさんも俺らの仲間かな?って一瞬思いましたけど多分違いますね。

人の身体には美しく見える部分や、見せると下品になるところがあるんです。レディースを例に挙げると、腕の付け根、脇の下が服からチラ見え見すると品がなくなるから意識してパターンを引けと教わりました。デコルテは上手に露出すると美しく見えます。
 
それぞれの体型の違いも重要です。その人が一番きれいに見える丈や形は違います。女性だと身長や脚の形によって似合うスカート丈が違う話は一般的ですよね。
 
───ファッション誌でもよくありますよね。同じ服が体型別にどう見えるか検証してるの。最近は骨格診断なんかもあるから、ピンと来る人は多そうです。
 
そうそう。そこも踏まえて、すごくよく考えて作られている衣装だと感じました。
 
 
 

今思い出しましたけど、公演の記憶が飛んでるのってこの第三形態のせいなんじゃないかな。らぶフェスでもびっくりしてガン見してたけど、それよりも近くでこんなの出されたらさあ…隠す美しさと見せる美しさのバランスが絶妙すぎます。(見惚れない人いなくない???)
よく生きて返って来れたな、って思いますね。

 

───特に舞台が近いと破壊力がすごいですよね。細かいところまで見えるし。あとはファンサに被弾して衝撃で記憶が飛んだり。ミントさんは某キャラのファンサの流れ弾に当たったことも、記憶喪失の原因なんじゃ?
 
 
そうかもしれない…?
 
もう数えきれない程に各公演を再生しているので、最初は「かっこいいー」とぽけーっと眺めていましたが、だんだんこのかっこよさはどこから来るのか? このメンバーでこのキャラにこのデザインを持ってくるのは何故か。そんなことを考えながら見るようになって、こんな風になりました。
  
 
───そもそもの着眼点が違う上、だいぶ考察を重ねてますよね。これから話を聞いていくのが楽しみです!
次回はミントさんが好きな「つはものどもがゆめのあと」の衣装について話してもらおうと思います。(以前のエントリから大幅に加筆修正しています)
 
 
 
 
 
 
( 語り・原文:ミント(id:pmintgreen)、聞き手・編集:かんそうぶん(id:Bn295
  
 

パライソ二部衣装(2021)

好きしか詰まっていないパライソ二部衣装。
元々洋装が好きなのもあって心を鷲掴みにされました。
2020のパライソの続きとして、ライブ衣装を変えずにいてくれたことに大歓喜です。
最初のパライソでのブロマイドだけの記事はこちら。自分でもだいぶトチ狂ってたなと思いますが、書かなくてはいられないほどの衝撃でした。
今回の記事と合わせてご覧ください。

peppermint.hatenablog.jp

 

 

 

ブロマイドしか見てなかったので、初見の二部衣装で「その後姿は聞いてない!!」とリアルで叫びました。かっこいい。

ということでまずは第二形態から。
装飾多めのかっこいい王子様〜とか思ってぽやんとみてたら大変なことになってました。

注)便宜上 上に着ているジャケットを「外ジャケット」、中のトップスを「内ジャケット」と表記します。

 

エレガントとハードの組み合わせ

刀剣男士たるもの、ただの王子様じゃありませんでした。

肩の大きな飾り(肩章)やベロア・煌びやかな装飾テープから漂うエレガンス
 ×
レザーやファスナー飾りから漂うハードさ

この組み合わせが気品と強さを漂わせているのではないでしょうか。

豊前:外ジャケット→ベロア×レザーロイヤルロープ、内ジャケット→後裾はジャガード生地で燕尾デザインレザーパンツ

倶利伽羅:外ジャケット→レザー多め、内ジャケット→ラメ入りクラッシュベロア(?)、パンツはサテン生地、腰布レザーと薄い布(黒地に金ラメ)の二枚重ね

松井:外ジャケット→ベロア、内ジャケット→ジャガード生地黒ベルトニーハイブーツ

 

交互に攻めてくるいい塩梅。
この、どっちかにするのではなくて組み合わせようって発案にありがとうございます!
普通はテーマ決めたらそれで統一するんですよ。テーマなんで。キラキラ王子様でも100点だったし、バリバリハードな感じでもきっと100点だったと思うんです。でもですよ、これをミックスしてこんなんされたら100億点!って叫びます。(点数つけるのもおこがましい話なんですが)

 


生地のミックスと飾りの大盛り

ブロマイドでも思ったんですけど、使用素材の種類めちゃ多そう

例えばパッと見て確認できるものだけでも

倶利伽羅
身頃生地→レザー・パイソン柄レザー・和柄・クラッシュベロア(袖口も)・サテン(パンツ)・肩布
装飾→肩章(フリンジ・ブレード)・ブレード5種(確認できたもの)・タッセル(房)・ファスナー

 

鶴丸
身頃生地→凹凸のあるジャガード生地・グレー生地・和柄・白ラメ生地・サテン(パンツ)・肩布・腰プリーツ布・カフス黒生地
装飾→肩章(フリンジ・ブレード)・ブレード7種(確認できたもの)・タッセル・チェーン・紐飾り・ストーン(ラペル)

 

 

浦島くんは
身頃生地が、外ジャケットの前左右で異なる生地を使用。パンツも前後で色を変えている。

 

日向くんは数え切れない…

 

これだけの種類を使っているのにそれを感じさせないくらいに、まとまりがあってかっこいい。
・生地は和柄生地を「和」を主張しすぎずアクセントとして効果的に使っている。
鶴丸は同じ「白い生地」でも質感の違うものを組み合わせて『映え』を出している。
・装飾の「金色」は色味を揃えている。鶴丸のブレードは二種類の金色。

主張の激しい生地を何種類も使うとケンカしてしまうところをうまくまとめあげてあると思います。生地のチョイスと使い方でしょうか。そして、それに合う装飾としてこれだけたくさんの種類を使っているのかも?

 

ところで日向くんが最高じゃないですか
戦装束からのモチーフとして、フード・サッシュ・ブーツの紐かなと思うんですが、これのアレンジが神業。
フードには編み上げ紐。サッシュベルトは一枚布ではなく二枚をセンターで編み合わせ。ブーツの紐がリボンになっているだけではなく、かかとにもリボンが付いている!!かかとですよ!
そして、腰布には梅模様。
全体的にはショートパンツと帽子と相まって可愛らしい雰囲気ですが、可愛すぎないところもポイントかなと思います。色が黒と赤ということもありますが、フリルが共布なところに注目しました。このフリルがレースやチュールだったら甘くなりすぎていたんじゃないかな。

日向くんのブーツのかかと

 

あとさあ、松井サンすごくないですか。あんな気品と強さに溢れた衣装着こなせるの松井サンだけですよ。袖口のフリルほんとありがとうございます。ウエストと太もものベルトはなんなんですかね。そこに一つ存在するだけで宇宙が広がる(なに言ってんですかね私)

 

もう一つ鶴丸の腰布について語ってもいいですか語りますね。
今回細いプリーツの布ですね。腰布っていうとふわふわ系か今回の大倶利伽羅みたいなストンとしたのが多いんですけど。
この薄地で細かいプリーツの布は立っていると体に沿っています。シルエットはスッキリします。そして動くと滑らかに広がります。

鶴丸のしなやかな動きに合わせてスルリヒラリと舞う腰布、最高ですね!

 

 


第二形態で語りすぎました。第一形態です。

第一形態は前回のブロマイド記事に書いたのとあまり差がないのでそこは割愛します。

実際に動いた時の袖の軽やかさとスカート部分の広がり方がとても素敵でした。

第一形態はベルトのデザイン以外は基本形は全振り同じです。松井のマントとスカート部分の丈が違う程度です。
ほんの少しのアレンジで、各キャラらしさが出ているところがすごいですね。

袖のひらみは、袖下が袋状になっていないことでより一層ひらひらするのかなと思います。

 

照明が合わさると神々しさMAXだし、松井サンのマントがまじで尊い


第三形態
松井サン最高。片袖だけシースルーのパフスリーブとかなんなん。マジで最高。
倶利伽羅の裾の紫とかも凝ってていいですよね。
……語彙力がなくなりました。みんな違ってみんな素晴らしかったです。

 


そしてダンサーさんの衣装も素敵でした。
前の銀色の模様のところが和っぽい波柄でしたね。
仮面もマントもかっこよかったです。

 

 

最後に「衣装好きオタクが独断で選ぶ萌えポイント」

鶴丸の第二形態:首の後ろのフェザー(ふわふわの羽)
日向くんの第三形態:絶対に見えないお腹(素肌)
松井の第一・第二形態のダブルボタンときての第三でのボタン見えない仕立て。第二の後ろのリボン
豊前と松井のイヤリング(片耳!)
かめきちのドレスアップ

 

第二形態の後ろ姿最高だからバックショットをください。
長い後ろ裾最高…燕尾…フリンジ…尊い

 

 

天狼傳2020 第三形態についての謎

第三形態がつなぎなのかそうじゃないのか、なぜつなぎにしたのかを公演期間中ずっと考えていた

 

公演前届いたブロマイドではパッと見てセットアップの上下だと思いました。でもよく見ると縫い目がつながって見えるところがあって、まさかそんなね〜ハハハ。からの公演始まったらつなぎにも見えるしセットアップにも見えるしなんなのどっちなの!!!!って目を皿のようにして見ました。

 

 

 

すっきりとまとまったデザインという印象ながら細部は凝っていて、それぞれの個性がしっかりあるし沖田組は対だし、なんかもうかっこいい最高!って言葉しかないです。

 

そもそもつなぎかそうじゃないかってそんなに重要?って思いますよね。はい。重要なんです(私にとっては)

つなぎにするメリットってデザイン性以外にはない(二部衣装では)と思うんですよ。
デメリットというか、クリアしなければならない点の方が大きいので、なぜつなぎにしたのか?という大きな疑問が出たというわけです。


つなぎのクリアするべき点とは、ゆとりの取り方です。

一般的なつなぎというとどんな服を思い浮かべますか?作業着、オーバーオール、サロペット……最近はレディースのサロペットが流行ってますね。ゆるっとしたシルエットでズボン部分がワイドパンツになっているやつ。
そう、だいたいつなぎっていったらゆったりしてるんですよ。


ここからちょっと小難しい説明になります。人体の可動の話です。

なぜつなぎがゆったりとしているかというと、人の体の動きを妨げないためです。
動作をした時に背中〜腰は大きく伸びます。『しゃがんだり腕を伸ばしたらズボンからシャツの裾が出ちゃった』なんて経験はあるかと思います。
フィットしたデニムパンツと普通の布のシャツを着ている状態でウエストが縫い合わされていたら?
屈んだら背中がつっぱります。腕を上げられません。

ちょっと昔にローライズデニムパンツが流行した時、しゃがんだ腰の素肌が丸見えなんてこともありましたね。

つまり、上下くっつけたつなぎの場合は、体の動きに服がついていくための”ゆとり分”がとっても多いです。もしくは水着やスポーツウェアみたいに伸縮性の高い生地を使う必要があります。

 

では今回の第三形態はどうでしょうか?

ブカブカしてない、程よいフィット感
スポーツウェアほどのストレッチ性があるとは思えない、普通にかっこいい生地

これで動いてつっぱらないの?
ブロマイドで床に座ってましたけど、食い込まない?

 

というわけで、実はセパレートvsどうみてもつなぎ で毎公演どっちなの対決を一人繰り広げていました。

 

長曽祢さんはまず一番につなぎだなって判定しました。パンツ部分も少しゆとりがあるし。

 

加州はわき腹がちらっと見えたんですよ。わき腹が見えるってことはトップスがずり上がってるってことでしょ?じゃあセパレートじゃん!!

と思わせてからの加州と安定は『作られたわき腹チラ見せ』だった!!!

 

f:id:pmintgreen:20210703181650j:plain

安定の脇腹

あえてつなぎにしておいて、ラウンドしたトップス裾の隙間から肌見えしているように見せかけるとか天才か!天才だったわ

遊び心の一言で片付けられないですよ!

しかもこのチラ見えは二振りが左右対称。
全体のシンメトリーデザインにチラ見せ窓まで含まれてたー。かわいい。死んだ。

いやいやちょっと待って。パンツ結構フィットしてるよね?トップスは裾のあたりに若干のゆとりある程度だけど、腰回りはだぶついてない。

 

一番の謎が蜂須賀。

どこにも余分なあまり(ゆとり)なくない?すっごい伸びる生地なの?それともつなぎの男士とセパレートの男士がいるの?

→マイク機材が腰じゃなくて背中に入ってた。通常なら腰かな?パンツのウエストから入れるんだと思うんですけど。それが背中ってことは通常じゃない(つまりつなぎ)ってことでしょぉぉ!!

 3枚目の腕を上げた側は脇に布の弛みがない。腕を下げている時には弛みがある。これが”動けるためのゆとり分”と思われます

 

堀川は毎公演どんなに動いても上下のデザイン線に乱れがないのでこれはもう一体型のつなぎだよね、すっきりしてて謎だけど。

サイドのラインが上下つながっていてきれい 

 

兼さんはさ、あの長いおみ足が綺麗に見えるパンツ。あれでどうしてつなぎにできるのかわからん!
普通はですね、背中〜腰で必要になるゆとり分のために股下(ズボンの足が分かれるところ)を下方にするんですよ。でもさ、兼さんの脚はいつも通り長かったじゃん。謎。

 

あの衣装はダンスもしていたし縄跳びもしていたのは奇跡としか思えない。
必要ないところは余計な緩みを入れずにフィットさせ、最小限のゆとり分を確保したということなんでしょう。

あとはストレッチ性高めの生地かな?でもスポーツウェアの生地みたいにはいかないと思うので、やっぱり締めるところと緩めるところの加減がすごいんだと思います。

 

よく観察すると、ズボンがタイトフィットではなく少しゆったりしています。
上衣のウエストにほんの少しのシワが寄っています(シワ=生地のゆとり)
この部分が『最小限のゆとり分』ということでしょう。

 

上下セパレートのセットアップに比べて、つなぎの場合はより厳密なフィッティング(調整)が必要です。
うっかりするとブカブカになってしまったり、逆に動きにくくなってしまいます。
セットアップの方が断然楽なんですよ。でもデザイン面を優先して高い技術でクリアしてるんですね。
第三形態めちゃくちゃかっこいい!!!

 

 

ところで、謎といえばもう一つ
第一形態でコートの裾が翻ったときに、第二形態の裾が見えない仕組みが謎です。
一緒に遠心力でふわーってなるから?それにしたってちっとも見えないなんてことある?(あったから謎)

 1枚目 第一形態の裾の広がりがとても素敵

 

引き抜きの、黒→白→カラー ドーン!って感じがとても素敵でした。
沖田組のマフラーが好きです。スカーフっぽく見せておいて第三になったらマフラーだったところ!
兼さんの第二の裾が裏地は赤を使って、さらに柄の内布がついてるところも好きです。

 

 

あとですね、私の中での萌えポイントは
安定のパンツと蜂須賀の裾の形が天狼傳初演を踏襲してるところです。
具体的には、安定のパンツが膝からギザギザの切り替えが初演と同じ(初演は左脚のみ)、
蜂須賀の第二形態のジャケットの裾の形状が初演の第一形態の裾の形状と同じフィッシュテールです。
そういうところ、大好きです。

 

↓天狼傳(初演)

安定:黒のパンツの膝下が青の切替になっている(左脚)
蜂須賀:後ろ裾が長くなっているデザイン 

 

f:id:pmintgreen:20210703163726p:plain

2.5dカフェ展示写真

f:id:pmintgreen:20210703163818p:plain

 安定の膝の切替(ギザギザ)
ズボン部分は座るとフィットする(布が余らない)、ジャスト分量を計算されて作られていると思われる

 

 蜂須賀の裾の形が初演の第一形態と同じ

 

 

かっこよすぎて見るたびに目が回ります。何度見ても解明できないので、まだまだかかりそうです。

 

 

 

 

 

( 文:ミント(id:pmintgreen)、編集・イラスト・画像加工:かんそうぶん(id:Bn295

【編集記事】壽乱舞音曲祭_二部衣装・非公式図解0503版

ミュージカル刀剣乱舞 刀ミュ壽乱舞音曲祭二部衣装_祝賀礼服

 

 

※この記事は編集担当が作成しています※

 

配信が始まったので、既存記事の修正とアップデートを行いました。

壽乱舞音曲祭〈祝賀礼服〉図解・改訂版2です。現地19公演+配信で確認した現時点での最新版です。

  

 ⚠️こちらは現地・配信で細部を確認し、図解した記事です。非公式です。実際のものと細部が異なる場合があります。 ⚠️

(なので、色や素材のチョイス理由をインタビューした資料写真集を公式から出して欲しい…)

 ⚠️画像は転載OKですが注意事項があるので、最後までご覧ください ⚠️

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

どこからどう見ても別格な男・宗近。首回りが一番豪華です。実際はタイに柄が入ってます(紗綾型とは別の柄)

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

蝶ネクタイが薄い生地でシュッとしててかっこいい!(チャームの石の色は水色との意見もあり。北園さんのイベントでも質問に上がったそうです。詳しくは記事後半で)

 

  

壽乱舞音曲祭_二部衣装
リボンの金具がかわいい!(問屋街に探しに行きました。某会社のパーツを一部削って使ってる?)

 

  

壽乱舞音曲祭_二部衣装

 清光とのシンメ感が好き。靴で差を出すのがにくい!センスがすごい。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装
兼さんの金具は色々検証した結果、金属粘土で手作りしたのでは?と予想しています。教えて農本さん…(二部衣装デザイナー)

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

はっち描き込み不足でごめんなさい。ブローチは金のおっきいボタンみたいな感じ。ジャケットの裏地に柄が入っているのでゴージャスな印象です。

  

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

色数を抑えてるから髪の毛が引き立つながそねさん。にくいぜ。

 

  

壽乱舞音曲祭_二部衣装

清純と妖艶のハーモニー。…刀の村正の特徴もぶっ込んでるのでは?(深読み&デザイナー農本美希リスペクト)(二度目) 

 

  

壽乱舞音曲祭_二部衣装

蜻蛉切専用ボディ(ぶあつい)を描きました。つよい。サスペンダーの金具の位置が下すぎて、獣のときいつもにこにこしてしまった(好きです)

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

着こなしが不良(似合う)

龍のネクタイピンがおしゃれポイント(実際はタイピンではなくメタルチャームだと質問箱で教えていただきました!確かに丸カンを通す穴がある!)

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

ながそねさんと同じく髪色が引き立つ配色。農本さんの色使いのセンスがえげつない。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装
むっちゃんも色使いがすごい…オレンジと紺でまとめている。そこにこのシューズ!!!天才の所業。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

何度だってフェティシズム全部のせ!と思ってしまう明石。獣のとき、手の甲と腕のバンドの肌見せバランスに唸ってしまう。

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

実際の鶴丸はイラストよりもっと華やか。柄が入った織生地の蝶ネクタイと結び目のストーンで豪華な印象があります。

 

  

壽乱舞音曲祭_二部衣装

ほそながい。Sがめっちゃすごい。天性の勘でサディスティックを理解しているな? 配信で頭指さしてるの見てうわ!!!って声が出ました。とても御手杵。靴が茶色なところが御手杵感があります。蝶ネクタイの柄は蜻蛉切とお揃いかな?

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

この衣装単体でかわいさ5億点。シンプルな黒のリボンタイだと首回りが寂しくなりそうですが、ラメが入ったリボンと二重になってる引手(?)で、かわいらしさとボリュームが出ています。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装
何気にタイ・チーフ・裏地が全部違うおしゃれの刺客・桑名くん。客降りあったら確実に仕留めていくタイプでは?タイはシルバーの柄が入った織り生地です。白と銀の糸で織られた感じの生地。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

ラメベロアのリボンタイがとてもかわいい。

片手グローブ片手素手(ネイル)とグレーのシューズのバランスが天才。

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

こんなにキュートなのにSecret Lipsの色っぽさとカメラパフォーマンスがえぐい。タイと裏地は柄の織り生地。実物は割と柄がでかい(買った)

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装
日向くんはタイ・チーフ・裏地の生地が全部違うっぽい。裏地は梅柄、リボンは薔薇っぽい。芸が細かい…!

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装

顔がいいおとこは補色(正反対の色。この場合は赤と緑)も難なく着こなす。たぶんキックでたたかう。蝶ネクタイの柄と金具の書き込みをせねば…

こんなに特徴的な靴なのに特定できない。はがゆい(ブログのためだけに特定をがんばるマン)

 

 

 

 

書き込みが甘い部分がありますが、イラストやコスプレなどに役立ちましたら幸いです。余力があれば完全版も書きたいですが、できるかどうかちょっとあやしいです。

完全版エントリを書くとしたらこんな感じになる予定です。

  • 後ろ姿
  • ジャケットを脱いだ姿
  • タイの飾り、裏地など描き込み不足部分のブラッシュアップ
  • それぞれのアイテムの詳細解説
  • 他のキャラと違う部分の説明
  • 説明文などの差し替え(ここがすごい!ポイントなどを書きたい。希望)
  • 靴の書き込み

 

 

 

各キャストの衣装細部がわかるツイートなどをまとめておきます。

 この二人はベロアリボン。松井と篭手切はラメベロアです

 

よく見ると龍の上に丸い輪っかが!

 

 はっちと沖田組のチーフの色の違いがわかりやすいです

 

 

 村正のブローチがわかりやすいです(インカメなので画像反転してます)

 

 

 

 兼さんのジャケットがボタンじゃなくて縫い止めるパーツです(長髪キャラ共通)

 

 

クロスタイのピンが見やすい

 

明石のクロスタイのピンはストーンのようです 

 

 はっちの胸元のチェーン両端がオーロラカラーの石

 

長髪キャラはチェーン両端が大きめの石。その中でも小狐丸だけ水色っぽい石だったような…? 

 

チャームの石の色は北園さんのバーイベで質問に上がったそうです。

小狐丸_祝賀礼服チャームの色

情報ありがとうございます!透明ベースで偏光みたいな感じでなんでしょうかね。やっぱり図解本が欲しい!

 

 

 村正のみ尻尾あり。長髪のキャラ(小狐丸、兼さん、はっち、村正)は燕尾背面にボタンがありません

 

チーフと裏地がモノトーンなので髪の色が映えてます 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 笹森裕貴 (@hiro.0621.hiro)

www.instagram.com

リボンの下の十字架!

 

 

 

ミュージカル刀剣乱舞公式ーーー!!

写真集で巴ちゃんの衣装も見せて欲しい!

どんなタイ?裏地?石の色は?靴の種類は?全キャラデザイン画も一緒に載せて欲しいー!!

キャストだけじゃなくて、衣装やヘアメイク、照明やセットに興味を持ってる人もきっと多いと思います!

 

もちろん戦装束担当の小原さんの話も聞きたい! なぜ袂が乱れないの?松井の肩にかけてる袖がまっすぐな工夫は?蜻蛉切の腰の甲冑のなびき具合が完全に二次元なんだけど、どれくらい計算したの?戦装束って何回くらい作り直してる??

 

ミュージカル刀剣乱舞公式ー!写真集にインタビューもつけてーー!!もしくは別途インタビュー&資料集を出してください!!なにとぞーーーー!!!

 

 

 





 ⚠️転載の注意事項とお願い🙏

 

当記事をもとにしてイラストを描くのは大歓迎です。

  • イラストなどの参考にする… イラストとツイート中に@peppermint_112の記事だと記載(見に行って喜びたいです)

 

  • 自分の衣装の解説したい場合… イラストとツイート中に参照元として当ブログ名とURL、@peppermint_112を記載(参考にして確認、アップデートしたいため。ブログにお名前を記載します(匿名希望の場合ご連絡ください))

 

  • このエントリの画像をツイッターで転載… OK。告知ツイートに引用RT、または@peppermint_112の記事だと記載を願いします。(見に行って喜びたいです)

 

  • ブログやnoteなどでの転載参照元としてブログ名、該当エントリURL、@peppermint_112を記載、ご一報をいただけると幸いです。細部に間違いがあった場合は訂正のご連絡をします

 

図解の自作発言、自分で確かめた発言はおやめください。

 

ご不明点があればご一報ください。 

 

 

 

再度になりますが、こちらは一個人が現地19公演と配信で確かめた覚書になります。実際のものとは 異なる場合があります。(情報交換をしてくださった方、差し支えなければ最終版でお名前を記載したいと思っています)

間違った情報が流れて公式にご迷惑がかかると困るので、これが絶対正解!と捉えないでもらえると助かります(かなり注意深く観てはいますが、人間なので見落としや勘違いは避けられないと思います…)

なので情報があれば、ブログ下記の質問箱orブログアカウントDMまでご一報いただけると助かります。集合知

 

 

 

 

文章・編集・資材調達・画像加工・監修:かんそうぶん( id:Bn295 / Twitter @kansouBn)

チェック・校正:ミント( id:pmintgreen / Twitter @peppermint_112)

 

 

 

 

 

壽乱舞音曲祭関連記事はこちら

 (ヘッダー画像は差し替え済みです。仕様によりサムネイルへの反映にタイムラグがあります)

 

 

 

 

 

感想、励まし、質問などはこちらへ。

あたたかいメッセージありがとうございます。励みになります🙏

質問箱 https://peing.net/ja/pmintgreen?event=0

回答はTwitter https://twitter.com/peppermint_112で。回答不要の場合は明記ください。

 

 

 

■■■ 募集 ■■■----------------------

当ブログでは二部衣装解説のため、画像を提供してくださる方を募集しています。
・2.5dカフェ、本丸博などのイベントで撮影した画像をお持ちの方
・当ブログで使用してもいい方
Twitter https://twitter.com/peppermint_112のDMまでご連絡ください。

 

提供していただいた元画像の著作権は、提供者に帰属します。ただし、使用時に下記の加工を加えることがあります。
①提供者のTwitter IDを画像内に記載します。記載不要の方はその旨をお伝えください
②第三者の加工・無断転載防止のため、画像内に透かし処理を施します
③画像処理(人物の顔を隠す、背景をぼかすなど)を行い、見やすく調整をする場合があります。

①②③の加工をした画像は、当ブログ関係者が衣装解説、ブログのツイートをする際などに使用いたします。提供していただいた元画像をそれ以外の用途で無断使用することはありませんのでご安心ください。

 

当ブログでソースを記載していないものに関しては、一般人のオタク同士の憶測であり、事実と異なる場合があります。当ブログの情報の正確性、最新性などは一切保証をしかねます。掲載情報が誤っていたために損害や損失が発生した場合、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

 

当ブログは提供写真、Amazonなどのリンク、出典元を明記した引用を行い、著作権に触れないよう記事を作成しています。

 

 

 

 

自己紹介とこのブログの目的はこちら

 

 

 

【暫定】壽乱舞音曲祭_二部衣装図解

 

 

 

壽乱舞音曲祭_二部衣装図解です。

 

すみません、細部が詰められていませんが、とりあえずディレイが見られるうちに暫定で出します。

こちらは後日完全版をUPし直します。(説明文などが最終版ではないため)

楽しみにしていただいていたのに、UPが遅くなり大変申し訳ありません。

 

2/1追記------------------------

①画像下にコメント少し追加しました。 

②完全版の予定です。

  • 後ろ姿
  • ジャケットを脱いだ姿
  • タイの飾り、裏地など描き込み不足部分のブラッシュアップ
  • それぞれのアイテムの詳細解説
  • 他のキャラと違う部分の説明
  • 説明文などの差し替え(ここがすごい!ポイントなどを書きたい。希望)
  • 間違い部分の修正(すみません…ディレイを見て気づいた部分が未反映です)

靴は後編に分けたいと思います。( 靴にあまり明るくないので調べ物をします)

 

 

⚠️こちらの記事は暫定版なのでご注意ください

f:id:pmintgreen:20210131232055j:plain

音曲祭 三日月宗近 二部衣装図解(暫定)

どこからどう見ても別格な男・宗近。本当はもっとタイ周辺がキラキラです(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232129j:plain

音曲祭 小狐丸 二部衣装図解(暫定)

シングルモンクなのがにくい

f:id:pmintgreen:20210131232154j:plain

音曲祭 加州清光 二部衣装図解(暫定)

沖田組のシンメ感は異常(褒めてる)

f:id:pmintgreen:20210131232223j:plain

音曲祭 大和守安定 二部衣装図解(暫定)

エナメルコンビシューズかわいい…

f:id:pmintgreen:20210131232242j:plain

音曲祭 和泉守兼定 二部衣装図解(暫定)

本当は裏地に鳳凰がいます。兼さんはお洒落なので!!

f:id:pmintgreen:20210131232300j:plain

音曲祭 蜂須賀虎徹 二部衣装図解(暫定)

ぱっと見で漂う特別感。裏地は柄の織り生地です(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232318j:plain

音曲祭 長曽祢虎徹 二部衣装図解(暫定)

靴が不良のながそねさん

f:id:pmintgreen:20210131232431j:plain

音曲祭 千子村正 二部衣装図解(暫定)

清純と妖艶のハーモニー。…刀の村正の特徴もぶっ込んでるのでは?(深読み&デザイナー農本美希リスペクト)

f:id:pmintgreen:20210131232459j:plain

音曲祭 蜻蛉切 二部衣装図解(暫定)

蜻蛉切専用ボディ(ぶあつい)を描きました。ぶあつい。つよい。

 

f:id:pmintgreen:20210131232515j:plain

音曲祭 蜻蛉切 二部衣装図解(暫定)

龍のネクタイピンがおしゃれ。着こなしが不良。

f:id:pmintgreen:20210131232532j:plain

音曲祭 膝丸 二部衣装図解(暫定)

やはり髪の毛が引き立つ配色

f:id:pmintgreen:20210131232551j:plain

音曲祭 陸奥守吉行 二部衣装図解(暫定)

靴を見せびらかしてくれた回うれしかったな。(やっぱ全公演BOX出して!?配信組ずるい!)

f:id:pmintgreen:20210131232609j:plain

音曲祭 明石国行 二部衣装図解(暫定)

フェティシズム全部のせ明石

f:id:pmintgreen:20210131232626j:plain

音曲祭 鶴丸国永 二部衣装図解(暫定)

もうこれだけで鶴丸。首回りはもっとキラキラ。タイとチーフは柄の織り生地です(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232643j:plain

音曲祭 御手杵 二部衣装図解(暫定)

ほそながい。Sがめっちゃすごい。天性の勘でサディスティックを理解しているな?

f:id:pmintgreen:20210131232658j:plain

音曲祭 篭手切江 二部衣装図解(暫定)

これだけでめっちゃこてくん。かわいいね

f:id:pmintgreen:20210131232713j:plain

音曲祭 桑名江 二部衣装図解(暫定)

何気にタイ・チーフ・裏地が全部違うおしゃれの刺客・桑名くん。客降りあったら確実に仕留めていくタイプでは?タイは柄の織り生地です(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232731j:plain

音曲祭 松井江 二部衣装図解(暫定)

これだけでめちゃくちゃ松井。片手グローブ片手素手(ネイル)とグレーのシューズのバランスが天才。

f:id:pmintgreen:20210131232753j:plain

音曲祭 浦島虎徹 二部衣装図解(暫定)

一気にキュートになる。すごい。こんなにキュートなのにSecret Lipsの色っぽさとカメラパフォーマンスがえぐい。タイと裏地は柄の織り生地です(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232808j:plain

音曲祭 日向正宗 二部衣装図解(暫定)

実は日向くんもタイ・チーフ・裏地の生地が違うっぽい。おしゃれ!裏地は柄の織り生地です(未反映)

f:id:pmintgreen:20210131232825j:plain

音曲祭 豊前江 二部衣装図解(暫定)

顔がいいおとこは補色(正反対の色。この場合は赤と緑)も難なく着こなす。たぶんキックでたたかう。

 

 

 

壽乱舞音曲祭関連記事はこちら

(ヘッダー画像は差し替え済みです。仕様によりサムネイルへの反映にタイムラグがあります)

 

 

 

感想、励まし、質問などはこちらへ。

あたたかいメッセージありがとうございます。励みになります!🙏

質問箱 https://peing.net/ja/pmintgreen?event=0

回答はTwitter https://twitter.com/peppermint_112で。回答不要の場合は明記ください。


  

 

  

2/1 追記【編集記事】壽乱舞音曲祭_二部衣装、祝賀礼服の感想と考察

壽乱舞音曲祭 刀ミュ 二部衣装 感想考察ブログ 

ミュージカル刀剣乱舞 壽乱舞音曲祭

 --------------------------------------------

2/1・生地中のジャケットのキラキラボタンについて追記しました。
ご意見をくださった皆様、どうもありがとうございます!

暫定版ですが、全振り解説もUPしました。記事最後に追加しています。

 --------------------------------------------

 

 

何回見ても圧巻の燕尾服。かっこいい!

えっ、何これ最高じゃない?

神々しさ漂ってましたね、神様だったわ。ありがとう。

上演時間変更の関係で残念ながら現地での観劇は1回になってしまいましたが、配信は気がつけば16回見てました。

だって家で見られるんだもん。全公演配信バンザイ!!

 

 一番最後に関連記事のまとめあり。

 

正礼装の燕尾服

さて今回の燕尾服がベースの二部衣装、#祝賀礼服とのタグがつきましたね。やっぱり礼装だった!!

実は、これまでの刀ミュでも燕尾服を意識したデザインの衣装はあります。加州清光単騎出陣2018のキラキラした衣装。めちゃくちゃかっこいいやつ。

 

後ろ裾が燕尾になっているので、燕尾服風デザインと言えます。(前からのデザインは燕尾服ではありません)

 

 

今回の祝賀礼服について。
こちらは完全に燕尾服ベースのデザインですね。
過去エントリで編集担当も触れましたが、タキシードと間違いやすいので再度おさらい。


 

 

そもそもタキシードと燕尾服の違いって??

 今回の壽乱舞音曲祭二部衣装は燕尾服がベースです。

これはタキシードじゃない!燕尾服なんだ…最上級の礼装なんだよ…!私がもどかしく感じているのがここの違いです

 

◆燕尾服

(画像・Amazonより引用)

 

礼装には序列があります。

 1.正礼装・昼…モーニングコート

  • 1.正礼装・夜…燕尾服(ホワイトタイ)←コレ!
  • 2.準礼装・夜…タキシード(ブラックタイ)
  • 3.略礼装・昼夜…ダークスーツ、ラウンジスーツ 

 燕尾服は夜の第一礼装。つま最上級の正装です。

正式晩餐会、舞踏会、レセプション、大使の信任状捧呈式に着用されるため、厳格な決まりがあります。

 

 

◆タキシード 

(画像・Amazonより引用)

  • 1.正礼装・昼…モーニングコート
  • 1.正礼装・夜…燕尾服(ホワイトタイ)
  • 2.準礼装・夜…タキシード(ブラックタイ)←コレ!
  • 3.略礼装・昼夜…ダークスーツ、ラウンジスーツ

 

タキシードは夜の準礼装

公式行事、披露宴、各種パーティ、音楽会、観劇の初日公演などに加え、広く夕食会において着用されます。

 

 

今回の祝賀礼服は?

(画像・Amazonより引用)

 

今回の祝賀礼服は、燕尾服をベースにアレンジしています。

今回の衣装は礼装と言いつつかなり大胆なアレンジを入れ各刀剣男士の個性を最大限に引き出した衣装になっているんです。

燕尾服の特徴・ルールは下記の通り。 

  • 燕尾型のジャケット
  • ジャケットの襟は拝絹(はいけん…艶のある生地)
  • 側章入りのズボン(両サイドに艶のある生地でライン)
  • 白ベスト
  • 白の蝶ネクタイ
  • 白のポケットチーフ
  • 黒のエナメルパンプス
  • サスペンダー(ベルトは使用しない)

 

厳格な決まりがあるんじゃなかったの?
アレンジしたら礼装じゃなくて、燕尾服風のスーツじゃない?と思いませんか?

 

今回の祝賀礼服は、重要な部分はきちんと残し

正装としての燕尾服を成立させているんです!!

 

 

前を閉じて着るタイプではなく、開けて着ている。燕の尾のように伸びた裾(だから燕尾服と言います。テールコートTailcoatとも)

ジャケットとズボンの形状は正式なものそのまま。形はきっちりと正式な燕尾服で、余分な飾りやアレンジをしていない。

シルエットを本来の燕尾服に合わせることで、
本来絶対になければいけないベストを無くしても正装感がきちんと出ています

 

おそらく着脱のしやすさや運動量を考慮しあえてベストを省略白いシャツを見せることで燕尾服らしさを保っています。 

 

総勢20振が並んだ2部冒頭の圧巻の様子は荘厳さすら感じさせますこれは最上級の礼装だからこそ為せる技です。(ボタンを閉じて着るスタイルのタキシードでは、おそらくここまで厳粛な雰囲気は出せないと思います)

 

つまり、刀剣男士らしさを最大限に出しつつ、絶妙の匙加減でアレンジをした超絶技巧の第一礼装なんです。

 

  • ベストなし
  • カマーバンド(燕尾服はベスト必須なので通常カマーバンドを着用しない・今回は厳密にはカマーバンド風デザイン
  • 色付きのタイ
  • 色付きのポケットチーフ

 

  

この四点がキシードのテイストのアレンジになっています。

タキシードも準礼装なので本来は決まりがありますが、着用シーンが多いため目的に合わせて自由度が高い。燕尾服はルールをしっかり守らなきゃいけないけど、タキシードはアレンジOKなんだそうです。

 

さらに舞台映えするような華やかなアレンジとして、以下がプラスされています。

  • ジャケットの片衿に桜柄生地を使用(刀剣乱舞らしさ)
  • 飾りチェーンで華やかさ
  • 裏地のカラー 

 

伝統の燕尾服にここまでアレンジを加えているのに礼装として成立している、

デザインの引き算と足し算が素晴らしい!! 

  

見てください、この最高にかっこいい衣装。
礼服としてのきちんと感の中に溢れる個性。

 

 

 

祝賀礼服のシルエットと動ける秘密

会場で見て、思わず息を飲んだのがそのシルエットの綺麗さ。
静止状態の斜め後ろからの姿がとても美しかったんです。

 

そもそも、正装の燕尾服は上下ともにゆったりとした形です。
最近のスーツに見慣れた人たちからするとダサいと思われがちな、ウエストがシェイプされていないジャケットと太めのパンツ。

 

ですが、祝賀礼服は普通にかっこよかったですよね。
ここが技術のポイントです。
今風にタイトフィットにしすぎると礼装からは外れる VS かっこいい刀剣男士にしたい

このギリギリのバランスの中で成立した奇跡的なバランス。

 

今回、いつもの二部衣装のような装飾(ブレードや肩章)はありません。
シンプルなデザインはシルエットの良し悪しがはっきりとわかます。

今回の祝賀礼装のシルエットはとてもきれい。

 

ジャケットの衿はピークドラペルという形です。この衿は形は決まっていますが、大きさには決まりはありません

 衿が大きいと幼く見えるし、小さいと体が大きく見えてバランスが悪くなります。絶妙なバランス!

  

私はシャープな印象を受けました。

服飾制作の経験から見ると、この衿のラインが2ミリ違うだけで印象はガラリと変わると思います。

衿と身頃のバランスがbestで若々しく見えます。
正装の燕尾服って伝統的な形なのではっきり言うと今風じゃないんです。それがこの祝賀礼服は今風なのに正統派礼服に見える!

 

 

 

さらに燕尾(後ろの長く伸びている部分)のラインがとても美しい。
ここは全身の出来を左右する重要なパーツです。ふっくらさせすぎるとダサいし細すぎると貧相に見えてしまいます。

一つ一つのパーツの細かなところまでこだわって作られているからこそ、全身がかっこいい祝賀礼服になっていると思います。

 

横から見ても後ろ裾のカーブが綺麗です。

 

 

 


そもそもあの礼装で宙返りとかクルクル回る激しいダンスとかできるのがすごくないですか?

ステッキ振り回したりバク宙したり……どういうこと?
めちゃくちゃ動けるのに立ち姿がきれいなジャケットってなんなの?!


想像してみてください。フィットしたジャケットはつり革につかまりにくい。
だからといってダボっとしたジャケットはかっこつかないですよね。

 

スッキリキレイなのに動けるこの祝賀礼服、一体どうなってるんだ!?と観察しました。

 


動けるのにきれいなパターンの工夫

  • 肩幅が通常より少し広く作られている(肩周りが動かしやすい)
  • 袖の脇下にマチが入っている(これにより腕を上げた時に裾が持ち上がらない)
  • 袖の二の腕部分は太め、肘上からはスッと細く通常の袖の形になっている
  • エストは余計なゆとりを入れない

   

肩周りだけ見るとワンサイズ大きいのかな?と思うようなゆとりを入れています。

蜂須賀の袖に出ているシワがゆとり分。鶴丸の肩が若干大きいのがわかります。

 

袖の肘から下とウエストを体のサイズに合わせてあるためジャストサイズできれいな程よいフィット感に見えます。 

これがきれいに見えて動ける工夫ではないでしょうか。(こちらのエントリにも記載あり)

 

 

ズボンは、本来の燕尾服ではゆったりとした作りですがこの祝賀礼服は程よいゆとりを持たせつつ、すっきりとしたラインに仕上げています。

あんなに動いても変なシワもなくピシッときれいなズボン、動きに耐えられる秘密は、ストレッチ生地を使っているからだと思われます。

 


たぶん製作過程でのフィッティングなどの制限も多い中、ここまで各男士にぴったり合わせた礼装を仕立てたのは本当にすごいです。

 

ミント:あー。その予想はそうかもしれないね。サイズがわからないと作れない、かと言って頻繁にサンプルを試着してもらえる環境じゃない。

かん:うん。感染症対策もあるし、各々他の仕事や稽古あるだろうから衣装のために長期拘束はできない。多分その間に身体が育ってしまったんだと思う。

ミント:育つ(笑)

かん:短期間ですごく体格が変わるんですよ、spiさん。相当身体づくりをしてるんだと思う。

それを考えると、試着があまりできない環境(想像)で、あれだけ各キャラがカッコよく決まる衣装を作ってくるの、本当にすごいよね…

ミント:作ってる間にサイズ変わるとかゾッとする。

かん:いや、ほんとに。技術がえげつない。

2021.01.19エントリより 

 

 

身長が同じでも体の厚みが違うとジャケットのパターンも変わってきます。

例えば日向くんと浦島くんは身長が同じくらいです。市販の既製服なら同じサイズでしょう。


でも体の厚みが浦島くんの方がやや厚いんです。そんなこと気づかせないくらいにピッタリサイズでしたね。
個々に合わせて調整をしてあるから、それぞれが綺麗なシルエットになっていると思います。

 

完全なフルオーダーメイドですよ!

お揃いの祝賀礼服だけど、個別にミリ単位の調整をしてるのではないでしょうか。(予想です。衣装解説本を出してください!)

 

 

 

シャツと裏地の工夫

シャツはおそらくストレッチ素材です。ですが、生地のストレッチには限界がありますので、パターンでも工夫がしてあります。


袖を太くして動けるシャツになっているのでは?
なんども出てくる袖まわりですが、ここが一番可動するし動きやすさのポイントです。

袖が太くて五分袖でしたね。ダボっとしてしまいがちなところを五分袖の袖口でちょっと締めることでルーズさを回避していると感じました。

 

 

ジャケットにはフェイクのシャツのカフスがついていて、きちんと感がありました。

ジャケットの袖口に見える白い部分は、シャツのカフスに見えるようにつけられたものでしょう。

 

 

そして上半身の裏地はメッシュ!

そりゃ暑いですよね、重ね着してあんなに踊ってるんですもん。
見た目だけじゃない動きやすさと快適さの工夫もされていました。

 

画像4枚目で明石の裏地がよく見えます。

やはり通気性の面ではメッシュ生地の方が涼しいのではないかと思います。

 

 

 

礼装なのにハーフパンツ

まずさ、礼装でハーフパンツにしようって発想が出てこないよね。

浦島くんと日向くんのハーフパンツ。
すっごくキュートでした。最高。天才。
二振りは戦装束もハーフパンツ丈です。そんなところから来たデザインかな?と思います。

 

そして衿元の大きなリボン!
この、ハーフパンツと大きなリボンによって、元気一杯の少年感が出ているんです。

こちら側のキャラへの思い込みだけでなく、衣装で作られるそのキャラクターの雰囲気

 

カテコで並んだ各キャストを見比べるまで、二振りの意外な身長の高さに気付きませんでした。 

画像4枚目。ハーフパンツコンビ。
ハーフパンツの裾がロールアップ風なのも素敵。

 

 

 


髪飾り

今回は戦装束の髪飾りがそのままでした。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 伊万里有 (@imariyu_official)

www.instagram.com

 三日月の髪飾りが戦装束と同じ。

  

 画像1枚目の戦装束と2枚目の祝賀礼服の帽子が同じ。

 

 

いつも素敵な髪飾りを楽しみにしているので、なんで???って初めは思いました。
きっとそこには理由があるはず。

で、たどり着いたのはこれは全体のバランスとして、遊ぶところ(タイ・チーフ・裏地の色、チェーン飾り)と正統派で残すところのチョイスから、そのままにしたのかなと思いました。

 

いつもの可愛い髪飾りも素敵ですが、戦装束の髪飾りもいいですね。
髪飾りはシンプルにすることで、ジャケットの飾りが映えます

 

ちなみに、着替え時間の短縮かな?と一瞬考えましたが、祝賀礼服から戦装束への着替えの時間、ビデオレターは約9分30秒でしたので、時間の問題ではないと考えます。

 

編集注釈>
20人がバックステージで距離を保ちながらいっぺんに着替えるとなると、ギリギリな気もします。キャストの他にスタッフもいるし、汗を拭いたり水分補給もあるかと思うので。

戦装束のグローブは二部衣装でもそのままのキャストが多いため、わたしは着替え時間の短縮のための意味もあると思います。(特に三日月は他のキャストよりも着替え時間がシビア)

 

 

 

タイとチーフと裏地、カラーリングの妙

ぽかんと見惚れたタイとポケットチーフ。そしてカラフルな裏地。

これの色の組み合わせがなんかもうすごいの一言です。

 

鶴丸は白、加州は赤いリボンにいつもの裏地にポケットチーフは赤で来るのかと思ったら安定とお揃いの白!

 安定と加州は色違いのリボンとお揃いのポケットチーフ

 

 

江はお揃いの緑の裏地だけどタイが個性的だし……

 江はタイとポケットチーフがカラフル。

 

 

 

対や同じにするところとしないところ。
各刀剣男士に合わせる色の選び方がとても素晴らしかったです。


タイの形もそれぞれで、篭手切と松井、日向と浦島、がリンクしてるのは素敵でした。
桑名は凝った形だったし、豊前は二色、三日月はダブルでしたね。
全振りは解説記事の方をぜひ。(作成中!)

 

おそらくですが、このタイは全て一つずつ作っています
市販品でここまでのバリエーションはまずないですし、あまりにもキャラにぴったりすぎる。
蝶ネクタイは色だけでなく形が何種類もあるしリボンだって選択肢はたくさんあります。

 

このキャラにこの色のこの形と決めたのでしょうが、

無限大の組み合わせからベストチョイスしてきてますよね!

 

 

特に目を引いたのは村正。
レースにベロアのリボン型のタイを重ねて、ポケットチーフと裏地はパッションピンクに黒のレース柄っぽい生地。
衿元に高貴さ、裏地とチーフに妖艶さを感じました。村正にぴったりじゃん!!

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by spi (@william.spearman)

www.instagram.com

シャツと同色の白で控えめながら、たっぷりの分量のレースがきいています。

 

 

 

もう一振りは篭手切くん。
ベロアリボンがキャラ色じゃなくて黒だったところに驚きと良さを感じました。黒にすることで可愛らし過ぎず、メガネと色があっていることでしっくり馴染んでいました。

 

可愛いのにそれだけじゃない。脇差のおそろしさ…(沼という意味で)

リボンのひもの部分が凝っています

 

 

あとね、兼さんの裏地に鳳凰いるでしょ。あれなに?なにしちゃってんの!かっこいい!!

しかもステージでは見えにくくていつヒラッと見せてくれるんだろうってドキドキ期待しちゃいましたね。見えないところでオシャレするってほんともう兼さん!!

 

画像2枚目、裏地の鳳凰が見えます。

 

 

 

お洒落は足元から。全振違うシューズ!

とりあえず初見でぎゃーってなった靴。

一目で気づいたのは鶴丸の白、蜂須賀の茶色。
さらに目を凝らせばグレーとか……白黒のコンビまで!!!

 

しかし配信ではほとんど見えず、現地からの報告に言葉を失いました。

 

…全振り違うとかってある?

黒のエナメル履いておけば合格点のところを、あえて全振り変える?!

そのこだわりにありがとう。

 

今回は祝賀礼服でみんなお揃いの衣装でした。個性を出せるところはタイとチーフと裏地のみ。そこに靴が加わってトータルコーディネートがすごい。

靴がほとんど映らないのがもったいない!!!

 

安定と篭手切の白黒コンビシューズは仰天したしめちゃくちゃ可愛かったです。

 

 

 

2/1追記・ジャケットのキラキラボタンは四振り

「蜂須賀のボタン、キラキラしてない?」
「!? 確認してくる!!!」

と現地組と連携を取り判明したキラキラボタン。

  

ボタンがキラキラしている刀剣男士は、蜂須賀・兼さん・小狐丸・村正でした。
燕尾服のボタンは共布のくるみボタンが基本。それに倣って他は目立たないボタンでした。

 

なのになんで四振りだけキラキラにした?!?!


前半(村正登場前)、この三振りだけ違うのはなんでだろう?特別感?なんて書いたところ、「長髪だから、髪の絡まり防止ではないか」との意見をいただきました。なるほど!!

 

f:id:pmintgreen:20210127012500j:plain

質問箱より

 


そして村正もキラキラボタンで長髪。
でも、ただ髪の毛の絡まり防止にするだけならキラキラさせる必要はないよね?とも思いました。
薄くて絡まらないボタンはきっと他にもあるし、ボタンのつけ方を工夫することもできます。
だから、キラキラさせたことにはやっぱり特別にキラキラさせたかった理由があるのかなあ…とも思います。

 

(2/1追記)---------------------

「ボタンではなくパーツ縫いつけ」との情報をいただき、写真を拡大し確認したところ、確かにパーツを縫い止めてありました。ご意見の考察にも膝を打ちました。

壽乱舞音曲祭 衣装 キラキラボタンの秘密 質問箱回答

質問箱より。1/30回答済み。どうもありがとうございます!

 

 

ビジューパーツをボタンに見立てるという発想がすごいです。

 

 

 画像3枚目、拡大するとパーツが縫いつけがわかります

 

 

 

また、胸のチェーンの石についてもご連絡をいただいていました。

刀ミュ 壽乱舞音曲祭 二部衣装 チェーンのストーン縫い付け

質問箱より。1/30受領分(回答漏れがありました、大変申し訳ありません)

 

 蜂須賀のチェーンの石が縫いつけになっています

細かいけれど最高のパフォーマンスを支えていることの一つかもしれません。

キラキラボタンについての追記ここまで -------------------------

 

 

 

 

さらに、ジャケットの後ろベルトのボタンは村正は付いていないんです!これは髪の毛の絡まり防止?!

ベルトの窪んでいる位置に他の刀剣男士はボタンがついています。

 

 

この写真のあと、再ライブ配信で長髪組の後ろ姿を目で追ったのですが確認はできませんでした。 (ほかの長髪組にもベルトのボタンはなかったとの情報をいただきました。編集担当がディレイで確認したところ、4振りともボタンがないことを確認できました。長髪組の絡まり防止と考えて良さそうです。2/1追記)

 

 過去に、天狼傳初演で髪の毛の絡まり防止(推測)のためにスタッズの上にメッシュがかけられていたことがありました。

刀ミュ 天狼傳 二部衣装 兼さん 第二形態

提供写真:匿名希望様より



細かい気遣いと工夫ですね。今回も絡まり防止の可能性が高いと思います。

  

正解は作った人だけが知っている……

 

 

  

やっぱりすごい、刀ミュの衣装

毎回素晴らしい衣装だけど、それぞれどんな工夫があるんだろう?

そもそもどんな風に依頼されるの?
本編のストーリーは二部衣装デザイン前に知らされるの?その場合はデザインで意識するのかな?
今回は洋装で!とか言われる?

デザインの発想はどこから生まれるんだろう?決め方は?

いつも刀剣男士にぴったりな衣装デザインだけど、キャラの掘り下げってどうやってやってるんだろう?ゲーム台詞?

生地選びは見本帳から?お店にも足を運ぶこともある?

フィッティングは平均何回?一番大変だった衣装は何?

 

と、知りたいことは山のようにあります。

 

そういう作製秘話とかも載った写真集待ってます!

 

  

 

 

さて、壽乱舞音曲祭の記事はまだ続きます。

次はもうちょっと突っ込んだ衣装についての話や掘り下げ(対談)か、全振りの細部図解・前篇(後編で靴のみの紹介)かな。

過去の関連記事はこのエントリの一番最後にあります。

 

 引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2/1追記--------------------------------------

全振り図解(暫定版)UPしました

時間切れのため暫定版ですが、21振りの図解をUPしました。ディレイを見てわかった部分が未反映なので、一部修正が必要な箇所がありますなるべく早めに完全版をUPしますので、もう少々お待ちください。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

 

追記ここまで--------------------------------------

 

 

原文:ミント( id:pmintgreen / Twitter @peppermint_112)

文章・編集・画像加工・監修:かんそうぶん( id:Bn295 / Twitter @kansouBn)

 

感想、励まし、質問などはこちらへ。

あたたかいメッセージ本当にありがとうございます。励みになります!🙏

質問箱 https://peing.net/ja/pmintgreen?event=0

回答はTwitter https://twitter.com/peppermint_112で。回答不要の場合は明記ください。

 

 

■■■ 募集 ■■■----------------------

当ブログでは二部衣装解説のため、画像を提供してくださる方を募集しています。
・2.5dカフェ、本丸博などのイベントで撮影した画像をお持ちの方
・当ブログで使用してもいい方
Twitter https://twitter.com/peppermint_112のDMまでご連絡ください。

 

提供していただいた元画像の著作権は、提供者に帰属します。ただし、使用時に下記の加工を加えることがあります。
①提供者のTwitter IDを画像内に記載します。記載不要の方はその旨をお伝えください
②第三者の加工・無断転載防止のため、画像内に透かし処理を施します
③画像処理(人物の顔を隠す、背景をぼかすなど)を行い、見やすく調整をする場合があります。

①②③の加工をした画像は、当ブログ関係者が衣装解説、ブログのツイートをする際などに使用いたします。提供していただいた元画像をそれ以外の用途で無断使用することはありませんのでご安心ください。

 

当ブログでソースを記載していないものに関しては、一般人のオタク同士の憶測であり、事実と異なる場合があります。当ブログの情報の正確性、最新性などは一切保証をしかねます。掲載情報が誤っていたために損害や損失が発生した場合、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

 

当ブログは提供写真、Amazonなどのリンク、出典元を明記した引用を行い、著作権に触れないよう記事を作成しています。

 

関連記事

 

自己紹介とこのブログの目的はこちら